慰謝料が請求できるか

不倫されている状況は、あまり考えたくはないことでしょう。ですが、実際に自分のパートナーが不倫をしているとなれば、暢気に構えているわけにはいきません。芸能人の中には、泥沼になることを望んでいるような人も見受けられますが、自分のこととなれば、できるだけ早期に決着できることを望むはずです。

その時には、慰謝料の請求も考えていかなければいけなくなります。

ですが、そもそも請求することができるかどうかというポイントからスタートしなければいけません。慰謝料を請求することは、損害を受けているのであれば、だれでもできることです。(関連リンク|慰謝料 請求|弁護士法人アディーレ

民法でも決められており、権利の侵害や財産に損害を受けたのであれば、請求可能となります。しかし、そんな簡単にできるのかといえば、これはまた別問題です。実際にはかなりもめることも多く、交渉にすらならないことも出てきます。

証拠の有無も絡んでくることになり、いったいどんな条件があれば請求できるのかは、難しい判断にもつながっていくでしょう。

慰謝料には基準が存在しないところも難解にしている要因です。浮気や不倫をされたというだけでは、請求しても意味がないケースもあることを考えると、自分だけで進めていくことには無理があるといえます。専門の知識も必要になってくることからも、法律事務所に相談することが必要です。

知識も経験もあり、交渉の専門家にもなるのですから、メリットを考えてみる必要があるでしょう。